対応時間:平日10:00-17:00

お江戸行脚〜未来食堂〜

お江戸三日目。広島へ帰る前に、一箇所面白いお店へ行ってきました。

その名も、「未来食堂」。

IMG_4285

まず、名前がいいですね。勝手に親近感を感じました。

この「未来食堂」は、2015年の9月に神保町にオープンしたお店です。
「あつらえ」「まかない」「ただめし」「さしいれ」という名のシステムが特徴的で、僕たちが行った時にも常連の方が多くいらっしゃいました。

「まかない」は、50分間お店のお手伝いをすると、一食いただくことができるシステムです。

「ただめし」は、まかないをした誰かが置いていった「ただめし券」を使って食べることができるシステムです。ウェブサイトの「だれでも使えます。困った時につかってください」という言葉が印象的です。

くわしくは、「未来食堂」と検索してみてください。

今回食べたメニューは、漬けマグロ丼です。

IMG_4286

お櫃がカウンターの上に置いてあり、隣の人とシェアして食べるのも特徴です。
ごはんを食べていると、常連らしき人が、店主さんからのお願いでお盆を拭き始めました。
飲食店ではあまり見かけない光景に、新鮮な気持ちになりました。

食べ終わって店主さんとおしゃべりをしていると、僕たちにも「お盆を拭くのを手伝ってもらえますか」のお言葉が。もちろん、はりきってお手伝いさせていただきました。水拭きと仕上げ拭きで、鏡面加工のようにピカピカに!

IMG_4294

そうこうしていると、他のお客さんがずらずらと入ってきて、自然と接客をすることに。
お盆拭きの次は、おしぼりの補充を頼まれました。おしぼりはどこかなとキョロキョロしていると、常連さんから「あっちです」と一斉に教えていただきました。みなさんよくご存知で。。。
「店員」と「客」の垣根を越えた関係性も魅力的ですね。

また、事業計画書や売り上げをオープンにしていることも驚きです。
これは、店主の方がIBMやクックパッドでシステムエンジニアとして働いていた経験から、IT業界の発展は、WordPressなどのオープンソースのサービスの影響が大きく、飲食業界の発展にも仕組みをオープンにすることが必要だとの思いからきているみたいです。

勝手に親近感を持ってしまいましたが、先進的な取り組みに驚きの連続です!!

みらいのおとも、皆さんに喜んでいただけるような存在になれるように、進んでいきます。


対応時間:平日10:00-17:00


お問い合わせ