みらいのおとが目指すこと

  • 「旅」を通じて、未知のこと、楽しいこと、新しいこと等に触れる機会を提供し、これからの生き方を提唱する。
  • 人の可能性、枠を広げる体験を提供し、人生を楽しむ人を増やす。

設立の背景

子供達が置かれている環境は、社会の状況によって大きく左右されます。子供達への野外教育を実践している中で、目の前の子供達に対して体験を提供することはとても大切なことですが、それだけでは、根本的な解決には繋がらないのではないか?という疑問を持つようになりました。

子供達は社会の中で生きています。子供達が健やかに成長していくためには、根本的な社会の構造に対してアプローチしていく必要があります。

今、日本の社会は転換期を迎えています。戦後、日本は奇跡的な経済成長を遂げました。人口は、農村部から都市部へと移動し、農村部では過疎化が起こり、都市部では過密化が起こりました。人口が増え、経済が右肩上がりに成長してきた社会では、農村部と都市部の人口のバランスの変化を何とか支えてくることができました。しかし、出生率は下がり、人口も少しずつ減少していって過疎化過密化が加速しています。
社会的な環境が変化する中で、日本では様々な問題が生まれています。デフレ経済、非正規雇用、農村部の過疎化や農地の荒廃、地域コミュニティの喪失。若者のコミュニケーション能力の低下、晩婚化、年間三万人を超える自殺者、高齢者孤独死、エネルギー問題、少子高齢化問題、人口の減少など、挙げればきりがありません。

こういった問題に対して、みらいのおとでは目の前の子供達や大人達に向けた冒険体験や、様々な社会の事象をテーマにした旅を提供していきます。

名前の由来

みらいのおとの由来は、「未来」「ノート」「の音」という三つの言葉から来ています。
私たちがこれからあゆむ未来に向けて、人々が自身の「ノート」に「未来」を描き、素敵な「音」を奏でていきたい。そんな願いが込められています。

代表紹介

 

代表取締役 秋山 英輝(あきやま ひでき)

【経歴】
1986年北海道生まれ。広島市在住。幼少期を自然豊かな北の大地で過ごし、小2で広島に引っ越し。中学時代に魚釣りにはまる。自然好きの素養を身につける。2004年広島県立安芸南高校卒業。2008年広島修道大学人文学部人間関係学科社会学専攻卒業後、地場の印刷会社にて勤務。この頃、野外教育に出会い、ボランティア活動を始める。2011年、野外教育の世界に興味を持ち指導者となるべく、長野県の(公財)日本アウトワード・バウンド協会でインストラクターのトレーニングを受ける。その後、関連団体でインストラクターとして活動。2013年、社会をよりよくしていくには、子供の体験の不足を、社会環境の変化による社会全体の課題として捉える必要があると考え、大人も対象とした体験プログラムを主とした旅行社の起業を決意。2015年(株)みらいのおと設立

会社概要

会社名 株式会社みらいのおと
代表取締役 秋山英輝
所在地 〒734-0053 広島県広島市南区青崎一丁目9-7
資本金 933万円
旅行業登録 広島県知事登録旅行業 第2-420号

(一社)全国旅行業協会正会員

事業内容 1.旅行業法に基づく旅行業

2.野外教育に関するプログラム及びエコツアーの企画及び運営

3.国内ツアーの企画及び運営

4.商品の企画、製造及び販売

5.前各号に付随関連する一切の業務

連絡先

〒734-0053 広島市南区青崎一丁目9-7
tel:082-909-2601 fax:082-553-8578