お米の選別

稲刈りを終え、袋詰め作業も終わったお米。
販売の前に色彩選別機にかけています。

昨年のお米には稲麹が大量に発生して、収穫したお米と一緒に黒い粒が大量に…
これをそのまま精米すると、稲麹が粉砕されて真っ黄色のお米になってしまいます。
洗えばきれいにはなるのですが、販売には難しく…
昨年色彩選別機を購入しました。

色彩選別機を通すと、稲麹や石などの異物や、ヤケ米や未熟米を取り除いてくれます。

昨年ほどではないですが、今年も稲麹が少し発生し、ところどころに黒い粒が…。
そして、無農薬・無肥料の影響もあるのか(?)カメムシが吸ってヤケ米になったお米も多く…。
食べるときに気持ちよく食べてもらいたいという想いもあり、選別作業を行うことにしました。

左は、選別ではじかれたお米。
きれいなお米も混じっているように見えますが、一部黒くなっているお米がほとんどです。
右は選別されてきれいなものが残ったお米。
比較すると、やっぱり違います。
(ちなみに選別外となったお米だけ去年食べてみましたが、とてまずかったです…😿)

農機具にはいつも感心させられますが、この色彩選別機を考えた人も、やっぱりすごいなぁと改めて思いました😊

選別機を通しても、完璧に選別ができるわけではないですが、これを手作業で行おうと思うと、途方に暮れる作業になってしまいます。
選別機さんに感謝の気持ちを込めながら、少しずつ選別作業を頑張っていきたいと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA