柿のウスターソース

実りの秋、田舎には柿の木があり、今年も実をつけてくれました。
(今年は裏年なのか?昨年よりは実が少ないです)
昨年大量の柿を木につけたまま何もしないまま終わってしまったので、今年こそは!と思い、柿を使ったウスターソース作りにチャレンジしました。

まずは、材料を準備。いろんなサイトを調べ、ざっくりとした感じでよさそうだったので以下の材料で作ってみました。

・柿…6個(4つは完熟、1つはやわらかめ、1つはかたい)
・たまねぎ…1個
・セロリ…1本
・にんじん…3/4本
・にんにく…5片
・すりおろしショウガ…スプーン1杯
・トマト缶…1つ
・ローリエ…2枚
・ブラックペッパー…10粒
・シナモン…適当
・醤油…100ml
・酢…100ml

調理開始です。フードプロセッサーで細かくした玉ねぎを飴色になるまで炒めるとのこと。
飴色までもう一息な感じでしたが、焦げ付いてきそうなのでこのくらいで次に。

皮をむいて種をとった柿を、加えて混ぜていきます。
(熟した柿は、皮をむくというよりは、スプーンですくって中身をとるような感じでした)
この時点で思いの外いい香り♪おいしくなりそうな予感です。

セロリ、にんじん、かたい柿、にんにくをフードプロセッサーにかけて細かくしたものと、すりおろししょうがを混ぜてさらに混ぜていきます。

トマト缶、香辛料を加えてさらに混ぜます。

このまま食べてもすでにおいしい😊
ただ、ウスターソースというよりは、トマトソースに近い感じ。
ソースとひき肉と混ぜたら簡単にミートソースができると紹介している人もいたので、この状態のものを少し取り分けて冷凍しておくことにしました。

しっかりと火が通ったら、最後に醤油を入れて煮込みます。一気にソースの香りに早変わり♪
そして酢を入れてひと煮立ちさせたら完成です☆

これは間違いなくおいしい!!
味見をしてみると、ちゃんとソースの味☺
醤油と酢が入り、味がソースに落ち着きました。
これを濾して液体部分を取り出すと、売り物のようなソースになるようですが、つぶつぶが残ったままでも気にしないので我が家ではこのまま保存することに。

今回の材料で、900mlの瓶がちょうどいっぱいになるくらいのソースができました。
ソースってこんな風にできているんだ~と、その過程がとても面白かったです。
ソースとしても、味付けの調味料としても、これから大活躍の予感です☆

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA